fbpx

度肝を抜いた8歳が5年ぶりの勝利のドラマ!!

よもやまさか、そのまさかのドラマが現実に起きました。もう現役の幕引きをささやかれる中で、その不振の8歳馬は大方の予想を裏切る大ドンデン返しをやってのけたのです。

  マカヒキ。牡馬8歳。5年前のダービー馬です。菊花賞をキャンセルして日本馬初の凱旋門賞を目指して渡仏。鞍上はルメール騎手。フランス初戦のニエル賞でクビ差勝ち。そして凱旋門賞では堂々1番人気に支持を集めたほどです。ところが無念の14着と大敗。ここからマカヒキの暗くて長い闘いが始まりました。札幌記念で2着、ジャパンC4着という好走はあるものの勝てないのです。こんな辛い日々が延々続いていた8歳の秋。

GIの勲章を持つ芝2400mの「京都大賞典」に登場。春の天皇賞以来の実戦。14頭立ての9番人気。私は顔ぶれから連下には十分狙えると見て△印。

騎乗した藤岡康騎手は「開幕週なのである程度の位置を取りに行こうと考えていました」とコメント。

  圧倒的な人気に推されたのがコントレイルと菊花賞で大接戦したアリストテレス。鞍上はデムーロ騎手。そしてヒートオンビート、キセキと続きました。

中団をキープしたマカヒキ。3、4コーナーの勝負どころで藤岡康騎手の手が激しく動きます。前を行くキセキ、アリストテレスに遅れてはなるまいとの思いからなのでしょう。4コーナーで激しく前が入れ替わります。キセキが直線中程で先頭に立つと、それを待っていたかのようにアリストテレスが馬体を併せて行きます。

  そしてゴール前でした。アリストテレスが先頭に立ったところを、猛然と外からマカヒキが強襲。何かを忘れていたマカヒキが、思い出したような勝負強さを発揮。アリストテレスをハナ差差し切りました。

ラストが13秒0を要したように展開に恵まれたところがありますが、マカヒキにとっては嬉しい5年ぶりの優勝。マカヒキのファンにとっては、嬉しい感動的な優勝でした。また8歳という年齢にもかかわらず、ここまで支えたスタッフ、そして金子オーナーにも拍手を送りたい気持ちです。

 

圧倒的1番人気が中京の雨で失速か!さて本番は?!

 

菊花賞の前哨戦「神戸新聞杯」。本番に向けて重要な一戦。昨年のコントレイルに続き今年もダービー優勝馬が登場。単勝1.8倍と断然の人気に推されたシャフリヤール。そして皐月賞、ダービーで3着と世代の代表格ステラヴェローチェが当然2番人気。横綱と大関の対決の様相でしたが、折から中京は早朝から雨。午後になると雨が激しさを増し、ダートは水が浮く状態。

  道悪馬場で走っていないシャフリヤールは大丈夫なのか。ステラヴェローチェは不良馬場で行われたサウジアラビアRCで圧勝。間違いなく道悪は巧者。

私のイチオシはレッドジェネシス。ダービーでポツンと最後方を走り、直線は馬場コンディションの悪いインを突いて見せ場のある脚。時計を要した稍重のゆきやなぎ賞を独走。馬場の悪化は歓迎だろう、即ちラッキーな雨と見ました。

  スタートと同時に飛び出したモンテディオ。これを外から仕掛けてテイエムタツマキ制して先頭。これにシゲルソウサイ、イクスプローション、ワンダフルタウンが好位を形成。その外からシャフリヤールが機を窺います。そしてキングストンボーイ、ステラヴェローチェ、レッドジェネシスが後方で牽制。

前半の5ハロン通過が63秒8。不良馬場とはいえこのペースは遅い。とはいえ各馬一団の展開で、仕掛けどころがカギとなりました。

直線に入り内外に広がる展開。ゴール前あと200m。ここで2番手から先頭に躍り出たのがモンテディオ。シャフリヤールは一番外をまわる展開。

その時でした。インをピッタリと通ったレッドジェネシスが、テイエムタツマキを捉えて内から一気に2番手に進出。

ステラヴェローチェはシャフリヤールをマークしていましたが、鞍上の吉田隼騎手が相手はこれじゃない、と思ったのか、進路を内側に切り替えて、レッドジェネシスとモンテディオの間に入ろうと策します。

ゴール前は内からレッドジェネシス、外からステラヴェローチェの激しい叩き合い。半馬身抜け出たところがゴールでした。3着は少し離れてモンテディオが、外から迫ったシャフリヤールを振り切り3着。菊花賞出走権をゲットしました。

吉田隼騎手の巧みな切り替えプレーに脱帽。もし、シャフリヤールを最後までマークしていたらレッドジェネシスに軍配が上がっていたかも知れません。吉田隼騎手は秋華賞、菊花賞の2冠制覇が目前に迫って来ました。