fbpx

3冠馬を脅かした断然人気の4歳の雄が撃沈!天皇賞は春の嵐か!!

  そんな気がした、と言うことは長い競馬人生。よくあることです。それは春の天皇賞前哨戦「阪神大賞典」にありました。

アリストテレスが単勝1.3倍の圧倒的な人気。菊花賞を無敗で3冠を制したあのコントレイルを相手に大接戦。加えて、年頭の道悪のAJCCを勝ちがったことで、重馬場もOKと見るファンも多かったはずです。

GI馬が不在の今年の「阪神大賞典」。鞍上ルメール騎手ならアリストテレスに不安なし、相手探しと見る向きがほとんどだったと思われます。

不良馬場のAICCで、激しい半馬身・クビ差の叩き合い。菊花賞以来の実戦で、その反動はないのか。私には逆に不安が過りました。当時、もう少し強力な馬が出ていたら負けていたかも知れない。

そして酷い重馬場で行われた今年の「阪神大賞典」。私は昨年の阪神大賞典を制したユーキャンスマイルを指名。一応、アリストテレスが〇だったもののダービー5着、菊花賞4着のディープボンドが▲。3000mの万葉Sを圧勝したナムラドノヴァンが☆。

内からタイセイモナークがしごいて先手を主張しましたが、外からツーエムアロンソがサッと主導権。シロニイが2番手に進出。この3頭が後続を引き離して行きます。

4番手の先頭にメイショウテンゲンとディープボンド。その直後のアリストテレスは少し掛り気味に追走。後方にはダンスディライト、最後方にユーキャンスマイルとナムラドノヴァン。

3000mにしては緩みないペースで流れて行きます。直線入り口で2番手のシロニイが先頭に立ちかけます。そこへ迫って来たディープボンドが仕掛けて先頭に立ちました。アリストテレスのルメール騎手がこれを見て追いますが、直線中程で急激に脚色が鈍りスピードダウン。

先頭のディープボンドはスイスイと道悪巧者のように独走状態。外から満を持したユーキャンスマイルが伸びて来ました。それを追いかけてナムラドノヴァン。

結局、ディープボンドが5馬身差のワンサイド勝ち。ユーキャンスマイルが2着。ナムラドノヴァンは3着。離れて頑張ったシロニイが4着。ダンスディライトが5着と続きました。

一方、アリストテレスはメイショウテンゲンからも離された7着に失速。「最後は馬が疲れてしまったようです」とルメール騎手。本番は大丈夫でしょうか。

一躍、春の天皇賞の有力候補にノシ上がったディープボンド。中間のケアがポイントになりそうです。

私は▲◎☆で惜しくも3連単は逃したものの3連複が2万5170円。馬連3510円。予想的にはラッキーな配当でした。

 

中京は春の嵐か!最低人気馬が衝撃のゴール!!

 これが競馬なのか、最低人気の馬がGⅡ「金鯱賞」を制覇。それは、まさに事実は小説より奇なり。まさかまさかの現実でした。   来月に迫って来た注目のGI「大阪杯」。このレースを目指す古馬の有力馬が集結。なかでも無敗で牝馬3冠を達成した4歳牝馬のデアリングタクト。単勝1.4倍と圧倒的な支持を集めました。

強力な先行タイプを欠いて超スローが予想されました。ポンと互角にでればジャパンCで記録的なハイペースで逃げまくったキセキのペース、一人旅になるに違いないと、私は推察して◎をキセキに打ちました。加えて降雨の影響が残る馬場で、パワフルさが要求されるコンディション。不良馬場の菊花賞を圧倒したキセキにとっては願ってもない条件と見ていたのですが、事態は想像もつかない方向に向かっていました。

  そのキセキが五分のスタート。当然前に出て行くものと考えていたら、鞍上のデムーロ騎手は先に行くことを支持せず、手綱を引いて後方、それもポツンと最後方に置かれます。

まさに想像もつかない展開。

その辺りを騎乗したデムーロ騎手は「久しぶりの競馬で気分が乗っていなかった。ゲートの中で気合を入れたけどボーッとしていて出なかったし、リズムに乗れなかった。ハミも取らなかったね」とコメント。

従ってキセキが行かないことにより、ギベオンが押し出される形で主導権。遅くなると察したルメール騎手のサトノフラッグが外から2番手。その直後を福永騎手のブラヴァス、川田騎手の2番人気グローリーヴェイズ。人馬ともに絶好調、北村友騎手のポタジェが一団で追走。そこから少し離れた位置にデアリングタクト。また少し離れてペルシアンナイト、サンレイポケット、ジナンボー。大きく離れてキセキという展開。

前半の5ハロンを重馬場とは言え61秒4のスローに近いペース。後半の1000mが60秒4。内ピッタリに先頭でまわったギベオン。2番手がサトノフラッグ。直後のインにブラヴァス、外にグローリーヴェイズ、その外にはポタジェ。

直線ラストスパートのギベオンが2番手以下に2馬身水を開けます。追走のサトノフラッグは脚が上がり気味。その外にグローリーヴェイズとポタジェ。快調に逃げるギベオン。追うグローリーヴェイズとポタジェの外から迫って来たデアリングタクト。その後ろから一番外を選んだキセキ。

逃げるギベオンに迫るデアリングタクトが渾身の末脚。クビ差まで詰め寄ったところがゴールでした。半馬身差でポタジェ、ハナ差でグローリーヴェイズ。5着が半馬身差でキセキとなりました。

 最低人気のギベオンの優勝。重賞、初制覇となった西村淳騎手。嬉しさにどぎまぎしながら「後輩たちが重賞を勝ったりしているので、いつか自分もと思いがありました。勝てて良かったです」と、コメント。

単勝2万2730円。3連単78万3010円!春の嵐が中京競馬場を大きく巻き上げました。