fbpx

混戦菊花賞?!終わってみれば5馬身差の独演会!!

  皐月賞馬、ダービー馬が不在。どなたが言ったか混戦「菊花賞」。それが終わってみれば5馬身差の一方的な独演会でした。

第82回の菊花賞の栄冠を手にしたのはタイトルホルダー。鞍上の横山武騎手は満面の笑みで幾度となくガッツポーズを繰り返していました。

最内から約束されていたように楽に主導権を取るはずだったワールドリバイバルの津村騎手が、スタートを切るやいなやビックリするかのように、慌てて手綱を引く予測外の事態。

それはタイトルホルダーの横山武騎手が、ここは絶対先手を取るんだ!と言わんばかりに凄い気迫で外から手綱をしごいて主導権を主張。前半の3ハロンが35秒1。3000mの長距離戦では考えられないようなペースです。この気迫に先行各馬は一緒に行ってはダメだ、とばかり手綱を引きます。

3馬身、4馬身、5馬身と大きなリードを取って逃げるタイトルホルダー。ところが、横山武マジックは1、2コーナーの4ハロン辺りで、ガクンとペースを落とします。12秒台、そして14秒台、13秒台とタイトルホルダーに息をゆっくり入れさせる高等技術。タイトルホルダーも鞍上の手綱に応えます。

3、4コーナーで後続を引き付けたタイトルホルダー。ラストの4ハロンを46秒8、3ハロンが11秒5―11秒4と再加速。最後は流し気味に3ハロン35秒1。後続に5馬身差のワンマンショーでした。

  横山武騎手は「1頭だとリラックスして走るので、無理してもハナを譲る気はありませんでした」とコメント。その強い思いが結果的に独壇場の結果に繋がった気がします。

そして「個人的に3000mは少し長いかもと感じていましたが、終わってみれば強かったですね。馬の力を信じてあげられなかった自分が恥ずかしいです」と反省。

直線激しい2番手以下の争いは、ゴール前で抜け出て来た牝馬のディヴァインラブ、その外からオーソクレース、そして一番外からステラヴェローチェが強襲。3頭が馬体を併せるように並んでゴールに入りましたが、オーソクレース、ディヴァインラブ、ステラヴェローチェの順で決まりました。

一方で、期待されたレッドジェネシスは前半から行きっぷりが悪く、最後方近くで展開する厳しい競馬。直線で大外から一瞬、伸びかけましたが最後は前の馬と同じ脚色となってしまいました。

「騎乗した時から苦しい感じが伝わって来ました。前走(神戸新聞杯2着)のダメージが本番で出たのかも知れません」と川田騎手が振り返ります。

42年ぶりとなった阪神競馬場での菊花賞。セイウンスカイから数えて23年ぶりの菊花賞の逃げ切りでした。

   

単勝1.9倍の白馬のアイドルが摩訶不思議の失速!!

  白馬の人気アイドル・ソダシ「秋華賞」は圧倒的な1.9倍。札幌記念で強豪、古馬陣を相手に快勝。その勢いで桜花賞に続き牝馬2冠目を期待されましたが、直線に入ると急にバタバタと失速。まさにファンの悲鳴が聞こえてくるようでした。摩訶不思議の10着と期待を裏切る結果。

  今年の秋華賞はソダシで不動!と言う様相にありました。オークスよりも距離が400m短縮。直前の札幌記念(2000m)も難なく勝ち上がって、秋華賞は他の馬よりも断然に好ムードだったはずです。加えて単騎逃げが予想されていたエイシンヒテンの2、3番手で展開できそうな展開上の有利さ。

  実際、約束されていたように主導権を取ったエイシンヒテン。すかさずソダシが2番手に上がり、まさに予想通り正攻法の展開となりました。3番手にアールドヴィーヴル、内からスルーセブンシーズ。そして3番人気のアンドヴァラナウトは前のソダシをマーク。これらの直後でスパートのタイミングを窺うアカイトリノムスメ(4番人気)。2番人気のファインルージュは中団の後方に位置。末脚に賭けます。

  前半の5ハロンが61秒2、京都大賞典と同じようなペース。予想されたようにスローで展開。2番手の大名マークのソダシには願ってもない展開になったはずでした。

直線入り口で吉田隼騎手の手が動いて、逃げるエイシンヒテンに並びかけようとしたのですが、何故か馬体を並びかけられないでモタモタしている間に、外からアンドヴァラナウトが馬体を併せに来ます。その外からはアカイトリノムスメが接近。

  がんばれ!ソダシ。それ行けソダシ。鞍上の吉田隼騎手のステッキ入りましたが、その願いは空しく馬群の中に呑み込まれて行きます。

  内から一人旅に持ち込んだエイシンヒテンの粘り腰。その外にアンドヴァラナウト。そしてアカイトリノムスメがグングン接近します。ラスト100mでは内のアンドヴァラナウトを捉えたアカイトリノムスメ。そのとき一番外から一気に追い込んで来たのがルメール騎手のファインルージュ。ゴール寸前でアカイトリノムスメに半馬身差まで詰め寄ったところがゴールでした。

1着アカイトリノムスメ、2着ファインルージュ、3着アンドヴァラナウト。1番人気のソダシは10着に敗れたものの上位人気馬で決着。

  国枝調教師はこれでGI通算20勝目。戸崎騎手も記念すべき初めての秋華賞優勝。今年初めてのGI制覇となりました。

また、アカイトリノムスメのオーナーが金子真人さん。同時にソダシのオーナーでもあります。

オーナーとして嬉しいGI優勝だと思われますが、失速したソダシへの思い。きっと複雑な心境かも知れません。