fbpx

圧巻の2馬身半!クラシックを意識させる横綱相撲!!

  クラシックの登竜門「共同通信杯」。一昨年ダノンキングリー(ダービー2着)が優勝。今年は強力な逃げ馬が見あたらずスローペースが予想されましたが、前半の半マイル49秒6、1000m通過が61秒9。思いのほか超スローの流れ。

一旦2番手から3、4番手を追走したエフフォーリア(4番人気)が、直線ラスト400mで我慢しきれないように一気に先頭に立つと、そこから再加速し10秒8―11秒5で後続を完封。余裕で2馬身半差の横綱相撲でした。

主導権を取ったのがディープリッチ。そのあとにエフフォーリアとタイソウが付きます。圧倒的な人気のステラヴェローチェは前に行く馬を背後で見ながらのポジション。そして2番人気のシャフリヤールは末脚温存で中団の後ろに待機。スタートで遅れたレフトゥバーズ(3番人気)は、ヴィクティファルスと並ぶように中団から後方。最後方に出遅れたキングストンボーイ。

ペースが遅く先頭から後方まで一塊の団子の展開。3コーナーでディープリッチに変わって先頭に立ったハートオブアシティ。その外にタイソウでしたが、馬体を外から併せて来たエフフォーリアの手応えが抜群。ラスト400mで横山武騎手が仕掛けると、一気に先頭に立ち2番手以下を突き放しにかかります。

  激しい2番手争いは外からヴィクティファルス、間から前を窺おうとするステラヴェローチェ。また最内からキングストンボーイ。後方から一番外をシャフリヤールが肉迫して来ました。

先頭のエフフォーリアはセーフティーリードで、余裕綽々に2馬身半差の圧倒。ポテンシャルの違いを見せつけました。

勝ちタイムの1分47秒6は平凡でしたが、ラスト余裕で33秒4の破壊力は役者の違い。これで3戦3勝。次走は弥生賞かスプリングSと思われますが、皐月賞に直行しても不思議はありません。また新たな有力スターを見た思いがします。

  接戦の2着争いはヴィクティファルスがシャフリヤールをアタマ差抑えて2着。クビ差でキングストンボーイ、クビ差でステラヴェローチェ。

共同通信杯の結果から2歳戦線はまだまだ波が高いような気がします。エフフォーリアの若き横山武騎手は見事な騎乗ぶり。高々と右手でガッツポーズ。歓喜の重賞勝ちでインタビューも笑みがいっぱいでした。  

若き獅子を背に5歳の奥手が強烈な空手チョップ!!

  この時期恒例の「東京新聞杯」。優勝は若き菅原明良騎手が騎乗したカラテ(5番人気)でした。

強力な逃げ馬が不在とあって、内からスンナリとダイワキャグニーが主導権。流れが遅くなると踏んだルメール騎手のトリプルエース(2番人気)が、サッと2番手に付ける正攻法。その外にはエメラルファイト。また、インに付けたトライン。私の◎でしたが、意識的に前に行かせたせいか少し掛り気味。その直後の外にカラテが追走。

カラテの菅原騎手は「相手を見て前目の位置を取りたかったので理想的なポジション」と、レース後にコメント。

そして、この日の主役1番人気に推されたヴァンドギャルドは、前にカラテを見る形で追走します。その後ろにシャドウディーヴァ。

  前半の半マイルが46秒6。想定通りゆったりとした緩ペースで流れます。先頭のダイワキャグニーから最後方まで差がありません。

4コーナーをまわり先頭のダイワキャグニーに並びかけて来たトリプルエース。ここで早くも先頭に立つ勢い。それらのインのポケットにトライン。前が壁で邪魔になり追い出しが遅れます。外のエメラルファイトの外には、馬場中央をヴァンドギャルドが伸びて来ました。一番外からカテドラルとシャドウディーヴァが、馬体を並べるようにして追い込んで来ました。

  スローでラスト34秒3の上りだけの決め手勝負。トリプルエースの外から馬群を捌いて割って出て来たのがカラテ。外にはヴァンドギャルドがいます。その外からカテドラルとシャドウディーヴァ。インのポケットに入り、前が壁と言うこともあって追い出しが遅れるトライン。

間を抜けたカラテがゴールに真っ先に向かいます。外にはカテドラル。迫るシャドウディーヴァ。息切れ気味のトリプルエースの内からようやくトライン。窮屈な間をこじ開けるようにして最後の力を振り絞ります。

抜け出したカラテに外から迫るカテドラル。両者の叩き合いは辛くもカラテに軍配。アタマ差振り切りました。

3着にシャドウディーヴァで、ヴァンドギャルドは4着。不完全燃焼だった◎トラインが5着。トリプルエースは7着に後退し、4番人気のサトノウィザードは9着に敗退。

  ゴール板を過ぎてステッキを持つ右手でガッポーズ。またガッツポーズ。そして今度は立ち上がり左手に変えてガッポーズ。続けて自らを鼓舞するかのように再び大きなガッツポーズ。19歳の若き獅子、菅原明騎手の初重賞の優勝で、その喜びで高揚は続いていました。

同期で重賞勝ちを決めていた先行する斉藤新、団野大成の二人に並んだ瞬間でもありました。

2勝クラスからポンポンと3連勝の5歳カラテ。菅原明騎手と二人三脚は続きそうです。頑張れ!菅原明騎手。