fbpx

遂に22回目の挑戦で天才の夢が達成!残すはあとひとつ!!

じっと耐えて22回目の挑戦。天才は重ねて来た年齢を振り返り、自分には縁がないのだろうか?!

それでも、今年は溢れるわくわく感で武者震いを感じていたのに違いありません。

73回目を数えた「朝日杯FS」。3歳チャンプの決定戦。同時に来年のクラシックを見据えた重要な一戦でもありました。

3番人気に推された武豊騎手が騎乗したドウデュース。新馬→アイビーSと2連勝中。

  中団の外目を追走し、折り合いに専念。直線中程で各馬横一線に広がった中から、1番人気でCデムーロ騎手が騎乗するセリフォスが抜け出しかけると、それを待っていたかのように、天才が乗るドウデュースが外から馬体を併せに行きます。その背後に懸命に追って来たダノンスコーピオン(4番人気)が迫ります。

内のセリフォスか、外のドウデュースか。2頭の激しい死闘はゴール寸前でドウデュースが、天才の手綱さばきに応えるかのようにグイと半馬身抜け出しました。

内でセリフォスが頑張って2着を死守。そしてダノンスコーピオンが3着を確保。ルメール騎手の騎乗で2番人気のジオグリフは前半置かれ気味で、直線外からよく伸びて来ましたが5着。やはり札幌2歳Sで4馬身差の独走。距離が1600mは忙しい印象です。

とはいえ、22回目の挑戦でようやく勝利の女神がプレゼントで、待望の栄冠を手にした武豊騎手。

「2着馬も強い馬でしぶとかったですが、最後まで一生懸命走ってくれました」とコメント。

小倉デビュー馬によるGI制覇。ここまで全GI、24レース中、武豊騎手にとっては残すGIは、今年最後の大一番、12月28日の「ホープフルS」のみ。おそらくアスクワイルドモア(札幌2歳S2着)で挑戦の予定。

果たして、全GI制覇で再び天才の記念すべきガッツポーズが見られるでしょうか。

武豊騎手52歳。今、再び熱い競馬ファンの視線が注がれています。

人気の弟が驚愕の出遅れ!それでも兄貴が来たー!!

2歳牝馬の頂点「阪神ジュベナイルフィリーズ」。ソダシに続けとばかり、今年も来年の桜の希望を乗せて精鋭18頭が終結。

  単勝2.9倍と断然の1番人気に推されたナミュール。鞍上に3年前、ダノンファンタジーを優勝に導いたCデムーロ騎手。デビューから3連勝を目指しましたが、なんとなんとスタートで致命的とも思える大きな出遅れ。最後方に取り残されました。

スタンドのファンの悲鳴にも似た声が聞こえる中で、スタートから激しい先行争いが展開。外から手綱をしごいてダークペイジが結局、主導権。トーホウラビアンが2番手をキープ。そして離れた3番手に4番人気のウォーターナビレラ。

2番人気のルメール騎手のステルナティーアは折り合いに専念し中団の中を追走。同じような位置にラブリイユアアイズがいます。そして後方にはナムラクレア、ベルクレスタ。サークルオブライフがいて、最後方には出遅れたナミュール。

前半の3ハロンが34秒1、5ハロン通過は59秒0。緩みない展開です。そして4コーナーを先頭でまわったダークペイジ。ウォーターナビレラ、その外にはラブリイユアアイズ。一番外から外々を早めに仕掛けたベルクレスタが並んで激しい叩き合い。そこへベルクレスタの背後からサークルオブライフが、満を持して追い込んで来ました。一方、後方で後方を進んだナミュールが外に出す猶予がなく、イチかバチか各馬が避けた開いたインを突いて伸びて来ました。

それでもゴール前の勢いは断然サークルオブライフ。半馬身差突き抜けたところがゴールでしたが、着差以上の余裕を感じたほどです。2着は外のウォーターナビレラ、内のナミュールに競り勝ったラブリイユアアイズ。半馬身差でウォーターナビレラ、クビ差でナミュール。

優勝したサークルオブライフ。鞍上のMデムーロ騎手は顔をくしゃくしゃにしながら「いつも応援してくれて、ありがとうございま~す。レース前から自信がありました。最後まで良く伸びてくれました」とコメント。

  惜しかったナミュール。発馬で大きな出遅れ。それで勝ち馬と微差。やはり器は大きいと見ています。また、早めに外々を動くことになったベルクレスタ。結果は0秒6差の6着。まだまだ大きく変わる余地があります。

ステルナティーアはマイナス10k。434kの小柄。レース中に他馬と接触し不完全燃焼。馬体の成長があると大きく巻き返してくるはずです。

サークルオブライフでGI阪神JFを制したMデムーロ騎手。初めてのイタリアン兄弟による制覇。1番人気のナミュールで出遅れて4着だった無念のCデムーロ騎手。デムーロ兄弟の明暗は分かれました。

史上初のデムーロ兄弟のGIワンツー(1、2着)を楽しみにしていたファンも少なくなかったはずです。