fbpx

先行馬が総崩れ!そこで伸びて来たのがビックリ・・!!

     

小倉開幕を祝うように「小倉記念」。小回りコースの芝2000m。そしてハンデ戦。先行タイプの馬には一見、有利な舞台にも思えましたが、ミスディレクションを筆頭にタニノフランケル、ショウナンバルディ、サマーセント。出来れば4角で先頭に立っていたいタイプがズラリと揃って緩みない展開が予想されました。

2000mが得意で一瞬の切れ味で勝負に出て来る馬がサトノガーネット(6番人気)。昨年末の中日新聞杯(芝2000m)で破ったのがラストドラフト(今年のAJCCでブラストワンピースの3着)。 春の阪神牝馬Sで1番人気のダノンファンタジーと僅差の接戦。この切れ味を生かせると一気差しが決まる!と私は推察。鞍上に松山騎手。不足はなし。

極端な不良馬場だった前走のエプソムカップはまったくの参考外。そのあと小倉記念を目標に入念に調整。

案の定、小倉記念はスタートして最後方近くで展開。ミスディレクションの逃げにタニノフランケルが2番手。前半の1000m通過が58秒1。3角でタニノフランケルが先頭を奪います。さらに4角では1番人気のランブリングアレーが強引に先頭に躍り出ます。

追い込みのロードクエストも積極的に行きます。ノーブルマーズ、サマーセントが続きましたが、中団のインでピッタリ経済コースを走って来たアールスターが、ラチ沿いをこじ開けるようにして一気に伸びます。

一方で、サトノガーネットは後方から4角で一番外に進路。そこからエンジン全開。猛然と最速のラスト34秒3で追い込んだのですが、悔しいかな1馬身差届かず2着。

10番人気のアールスター。連下も考えていたのですが、結局切ってしまったことを後悔。とはいえ長岡騎手にとって初めての重賞制覇。例年、新潟で騎乗しているケースが多いのですが、栗東の杉山調教師との信頼関係で、この重賞制覇となりました。

しかしながら開幕週の小倉、小回りコースで珍しく最内が開いたことにビックリ。これも神がかりでした。

狙い通りの展開で伝統の関屋記念を的中!!

 

4コーナー手前から11秒5-11秒3とペースを上げた逃げたトロワゼトワル。これは◎に推した私にとっても織り込み済み。2、3番手のミラアイトーン、クリノガウディー、グルーヴィットは1400m通過が1分20秒7の時点でギブアップ気味。 これらの馬たちを尻目に大きなリードを取って逃げるトロワゼトワル。その時でした外から猛然と大きなストライドで肉迫して来た馬がいました。同じピンクの帽子戸崎騎手のサトノアーサーでした。

夏の新潟の名物レース伝統の「関屋記念」。私は春のGIヴィクトリアマイルで緩みないペースで引っ張りアーモンドアイの4着。サウンドキアラ、ノームコアと大接戦。ダノンファンタジーに先着。破格の内容を見せたのです。

  新潟のマイル戦は外回り。スタートしてから3コーナーまで一直線。従って逃げ争いになり辛い形態。ゆえにトロワゼトワルにとっては楽に一人旅に持ち込みやすい一戦でした。

実際、迷わず先頭に立ったトロワゼトワル。少し間を開けた形の2番手がミラアイトーン。以下、積極的に前に出て来る馬が見あたりません。

1番人気のアンドラステは中団のインをキープ。2番人気のプリモシーンがこれをマークする形でインをキープ。好位4番手を前後する形で3番人気のグルーヴィット。

それに続く4番人気がサトノアーサー。スタートで後手を踏み最後方に置かれます。戸崎騎手は4角までこの位置でじっと我慢。そして4角で馬込みの中に突っ込み、直線ラスト400mあたりで外に出すことが出来ました。

快調に逃げるトロワゼトワル。セーフティーリードとも思えましたが、外に出したサトノアーサーの伸び脚が際立ちます。内の馬込みの中からアンドラステとミッキーブリランテがしぶとく伸びて来ました。

           

ゴールまで残り50m。内で懸命に頑張るトロワゼトワル。外からサトノアーサーが迫る。残り10mを切ったあたりで並んだサトノアーサーが、強靭な末脚で一気に差し切りました。3着にアンドラステ、そしてミッキーブリランテが4着。

サトノアーサーは一昨年のエプソムカップ以来の6勝目。当時、騎乗していたのが今回と同じ戸崎騎手。まさに縁があるようです。また、戸崎騎手は怪我で長い療養から復帰後、初めての重賞勝ちでした。

私の予想は☆◎〇の決着。3連単が惜しかったのですが、馬連7230円。3連複1万1820円は嬉しかったです。