fbpx

見事な逃走劇で嬉しい悲鳴を上げる若き獅子!!

春のクラシックに向けて大きな足掛かりとなる伝統の「弥生賞・ディープインパクト記念」上位3着までに入れば皐月賞の優先出走権。

圧倒的な人気はGIホープフルSを圧倒して3戦3勝で臨んで来たダノンザキッド。単勝1.3倍と断然の1番人気。

  ポンと飛び出したタイトルホルダー。有力馬を背後にして快調な逃げ脚。2番手のシュネルマイスターのルメール騎手は、後ろにいるダノンザキッドを意識してか、逃げ馬を無視して前を追いかけません。従って水が開きます。

 タイムトゥヘヴン、テンバガー、ダノンザキッドと好位グループを形成。その背後に内からゴールデンシロップ、外にソーヴァリアントが続きます。3番人気のワンデイモアは後方で末脚温存策。   一人旅で気持ちの良い逃げを打ったタイトルホルダー。前半の5ハロンが62秒6の超スロー。まさに絶妙のペースに持ち込んだ横山武騎手。

直線ではシュネルマイスター、タイムトゥヘヴン、一番外から大きなフットワークでダノンザキッドが急追。

とはいえ余裕を持って直線に入ったタイトルホルダー。ラスト3ハロンが34秒5の二枚腰を披露。しぶとく伸びるシュネルマイスターを楽々振り切り重賞初制覇。皐月賞に向けて力強く踏み出しました。

鞍上の若き獅子、横山武騎手は共同通信杯を圧倒したエフフォーリアで見事な騎乗捌き。タイトルホルダーはこれまで戸崎騎手が騎乗。本番はどうするのか微妙ですが、横山典騎手の御曹司、春に向けて嬉しい悲鳴を上げているようです。

オーシャンSで◎コントラが劇的ハナ差勝ち!!

それは2頭がピッタリと並んだゴール板でした。内が1番人気のカレンモエ、外に並んだのが11番人気のコントラチェック。

私の目にはひいき目もあって外コントラチェックが優勢。結果は私の見た目通りにコントラチェックがハナ差勝ち。ひそかに歓喜の雄叫び!を3回も上げていました。

迫って来た高松宮記念。そのトライアルである「オーシャンS」。インで詰まる不利があったり、出負けして傷みの激しいインを走らされたり、過去2度の1200mは不完全燃焼だったコントラチェック。それでも藤沢和師は3回目の1200mに、こだわり続けて今回の勝利に結びつけたのです。

  スタートさえ五分であれば必ず勝ち負けになると、私の思いは藤沢和師と通じるところがあったと思います。

そして課題のスタートを決めたコントラチェック。内から飛び出したビアンフェを容認し、2番手の正攻法策を取る1番人気のカレンモエ。この外にはコントラチェックが付かず離れずピッタリ。1200を2度使ったことからか楽に流れに乗ります。この後ろにカイザーミノル(4番人気)が好位4番手をキープ。一方で2番人気のアルピニズムは出遅れて、アウィルアウェイ(4番人気)と共に後方。

快調に逃げる単騎ビアンフェ。前半の3ハロンを33秒7。一人旅でしたが2番手のカレンモエが4角で早めのスパート。直線でグイと先頭に出ます。ビアンフェが内で懸命に粘るところに、一番外からコントラチェックが大きなフットワークで、先頭に立ったカレンモエにジワジワ接近。先頭のカレンモエにピッタリと馬体を併せたところがゴールでした。

ハナ差先着でコントラチェックが優勝。カレンモエが2着で3着が逃げまくったビアンフェ。ここ2年が1分7秒台前半。今年は1分8秒4と時計は平凡でしたが、水分を含んだ馬場、前半の流れが比較的先行馬に有利な展開だったことから、悪くない内容だったと思われます。

ようやく素質が開花した印象があるコントラチェック。鞍上の丸山騎手ともにこの春の活躍が見込まれます。

ちなみに私の◎コントラチェック、〇カレンモエ、△ビアンフェ。単勝3340円。そして3連単が16万8680円!3連複は1万8650円!馬単が1万6050円! 丸山騎手おめでとう、私の狙い通り上手くいきました。