マイル路線に新星M・グローリー重賞初制覇!!

それは考えられないくらい票数を集めました。4走前に500万クラスを勝ち上がったその馬は、2走前のむらさき賞(準オープン)で3着。そして前走の福島、準オープンの阿武隈Sで優勝。今回は初めてのオープン、重賞初挑戦でした。 その馬の名前はミッキーグローリー。5歳馬ながら底を見せていない魅力がありました。とはいえ、未知の魅力だけで、いきなり重賞で1番人気に推されるものでしょうか。秋初戦を飾る中山「京成杯AH」。開幕週とあって持ち前のスピードに乗って押し切りたい馬が揃いました。  オープンの六甲Sを圧勝し、休養明けだった前走の中京記念でも1分32秒4でグレーターロンドンの2着と、当然、ロジクライが圧倒的な人気を集めそうでしたが、微妙な差で単勝2番人気。レース当日にミッキーグローリーは、集中的にごっそり票数を集めたのです。 中団の外で末脚を温存のミッキーグローリー。鞍上はルメール騎手。前半の半マイルが46秒9。主導権を取ったベステンダンク、さらにミュゼエイリアン。ショウナンアンセムも加わり、出入りの忙しい先行争い。3コーナーでは外からウインガニオンが先頭に立っていました。 この厳しい展開に先行各馬は直線で息切れ状態。明らかに差し馬に有利な形。直線でヤングマンパワーが先頭に立ちかけたところを、すかさず外からミッキーグローリーが鋭く反応。内からしぶとく伸びるロジクライ。さらに窮屈なところをロードクエストが伸びて来ました。また、ゴール寸前でもの凄い勢いで強襲したワントゥワン。 結果は優勝ミッキーグローリー。2着が外のワントゥワン。写真判定となった3着はロジクライが、ハナ差だけロードクエストを退けて先着。 レース後、鞍上のルメール騎手は「大きなストライドをする馬だから、フラットの東京コースがこの馬には向いているよ」とコメント。 「京都は?」と、私が水を向けると、 「う~ん、京都はコーナーが、この馬には難しい」と首を傾げます。 「マイルチャンピオンシップは京都ですよ」と私。 「アッ!そうだね。う~ん、分からない」と、テレ笑いのルメール騎手。 いずれにしても、賞金的にはマイルCS出走は微妙ですが、ルメール騎手が騎乗する、しないはともかく、目を離せない1頭であることは確かだと思われます。 それにしても、Cルメール騎手の手綱さばきが実に冴えています。現在リーディングジョッキーを独走中。200勝は確実視されています。そして現在、重賞10勝。なにより連対率が驚異の4割越え。まさに「馬七、人三」が、逆転しているような錯覚にさえ、とらわれてしまいます。 スランプという言葉を知らないCルメール騎手。秋競馬もこの騎手を中心に、まわりそうです。

さすがに強かった3歳の雄B・ワンピースの圧勝劇!!

夏の新潟のフィナーレを飾る「新潟記念」。真夏のハンデ戦とあって波乱含みの傾向でしたが、今年は一枚役者が違っていました。

1.8倍と断トツの1番人気に支持されたブラストワンピース。今年のダービーで2番人気。それで不利がありながら5着。この秋は菊花賞に向けて有力な1頭なのです。

菊花賞を踏まえて、賞金的にはクリアーしている同馬には、ここはステップ・レースかな、と私は見ていたのですが、結果的に着差以上のワンサイドレースでした。

54kとハンデに恵まれたこともありましたが、前半は後方で折り合いに専念。手綱を取った池添騎手は「久々のせいかボケっとしていて、道中はフワフワしながら走っていました」と、レース後にコメント。

直線の長い新潟外回り。2番手以下を引き離して単騎逃げのマイネルミラノ。前半の5ハロンが59秒2。おそらくパンパンの良馬場であれば58秒台でしょうか。比較的緩みのないペースです。

ブラストワンピースは4角までじっくり構えて直線は一番外に出します。ここからが性能が違いました。あっと言う間に前に追いついて、ラスト200mで大外ラチ沿い先頭に立ちかけます。あとは余裕綽々にゴールイン。鞍上の池添騎手もゴール前のパフォーマンスを考えているだけだったのでしょうか。圧勝でした。1分57秒5でラスト33秒5!見事な内容です。

 私の◎メートルダール(6番人気)が2着。休養明けでプラス20k。さすがに余裕残りでしたが、馬体が回復したことは嬉しい材料。ブラストワンピースの真後ろに付けて、相手を見ながらの追走。直線ラスト33秒6の末脚でゴール前肉迫して来ました。54kのブラストワンピースに対して、57kのハンデは少し可哀想な気もしましたが、さすがに地力の高い馬です。

驚いたのがショウナンバッハ。苦戦続きで最下位の13番人気。メートルダールの内から一緒になって追い込んで来ました。7歳で戦績からアテには出来ませんが、今回のように軽ハンデ(53k)で、末脚が生きる展開であれば、一気に浮上してくる可能性があります。

2番人気に推されたグリュイエールは、中団に待機していましたが、直線入り口のところでカットされて前が狭くなる不利。ここでリズムが狂ってしまいましたが、それにしても10着は負け過ぎた印象が残ります。

3番人気のセダブリランテスは長期休養明けで、レース中少し行きたがる面を出していました。これではラスト33秒台の上位馬と太刀打ちが出来ません。