fbpx

衝撃の3馬身差!今年も無敗馬の優勝で第二のコントレイルの出現か!!

  「サイコーです!」と、開口一番マイクに向かい発声した若き獅子、エフフォーリアの横山武史騎手。それは、それは圧巻の3馬身差でした。

続けコントレイル!とばかり3歳の精鋭16頭が出走した「皐月賞」。3冠がかかる一戦で、話題を集めたのがGIホープフルSの優勝馬ダノンザキッド。対する3戦3勝の共同通信杯を圧倒したエフフォーリア。この2頭が他を離して1、2番人気。

降雨の影響でコンディションは稍重馬場。泥が跳ねあがる馬場状態。その中で予想通りワールドリバイバルが飛び出し、タイトルホルダーが2番手をキープ。その内側に青帽の4枠2頭、内側にエフフォーリア、外にダノンザキッドが併走する形。間もなく外からアサマノイタズラ、レッドベルオーブが並んで来て、その内側のダノンザキッドにプレッシャーをかけます。

中団にはアドマイヤハダル、ラーゴム、グラティアス等が一団で追走。そして後方にはステラヴェローチェ、ヴィクティファルス。さらにヨーホーレイクにディープモンスター。

前半の5ハロンが60秒3、この馬場コンディションを踏まえれば平均ペース。馬場状態から早めに動く展開。一団でダンゴのような状態。

3コーナーで2番手のタイトルホルダーが、たまらず先頭に立ちます。2番手はレッドベルオーブ。その直後の内にエフフォーリア。その時でした。どうしたのかダノンザキッドの川田騎手の手が早くも動きます。

  直線はタイトルホルダーを先頭に、背後からエフフォーリアが接近。ここでダノンザキッドは急激に脚色がダウン。外にいたレッドベルオーブも遅れ始めます。その後から外に出したアドマイヤハダル。内を狙ったステラヴェローチェ。この2頭、私の〇と◎が接近。

直線中程あたりで一気に仕掛けて先頭に躍り出たエフフォーリア。後続との差を一気に広げにかかります。2番手を死守するかタイトルホルダー。その内からステラヴェローチェが急追。外は大きなストライドでアドマイヤハダル。先頭に立ったエフフォーリアは益々快調。鞍上の横山武史騎手は全身で渾身のパフォーマンス。3馬身差、それはまさに独演会となりました。

2着争いが熾烈。懸命に粘るタイトルホルダー(2着)に内から迫るステラヴェローチェ(3着)。外からアドマイヤハダル(4着)。クビ・クビ・クビ差の大接戦でした。

ガッツポーズを幾度となく繰り返すエフフォーリアの横山武史騎手。喜びを全身で表す若き獅子。皐月賞は父の横山典騎手のセイウンスカイに続く親子制覇。

昨年のコントレイルに続く無敗馬の皐月賞優勝。いよいよ次は競馬の祭典、日本ダービー。横山武史騎手の胸は高鳴ります。

一方で、1番人気のダノンザキッドはブービー15着と惨敗。果たしてダービーで雪辱できるのか、動向が注目されます。  

驚異的なレコード決着!今、ここに白毛伝説が開花宣言!!

それは奇跡的でした。真っ白なその馬は、まわりが脱落していく中で、なんとか残りのバッテリーで踏ん張り、度肝を抜くレコードタイムで念願のクラシック制覇。引き上げて来たその姿に一段とその白さが輝いて見えました。

その馬は牝馬3歳の白毛馬ソダシ(2番人気)。阪神JFを制して4戦無敗。そして桜花賞に直行して来たのです。過去、中118日以上の臨戦過程で桜花賞を制した馬はいません。同様に阪神JFで、ソダシとハナ差の大接戦を演じた宿敵サトノレイナス(1番人気)。この馬も阪神JF以来のぶっつけ本番。

ソダシに騎乗した吉田隼騎手は、「まわりから話題だけで、本当に強いのか? と言われました。プレッシャーはあったのですが、それなら見せてやる!」との思いで臨んだそうです。

抜群のスタートで外からストゥーティが来るとサッと2番手に控えるソダシ。4番人気のアカイトリノムスメが早くも好位をキープ。その直後の内側にファインルージュ。スタートでダッシュが利かなかったヨカヨカ。好位に押し上げて行きます。

そしてスタートで遅れたサトノレイナスが後方に待機。そのすぐ前には取り残されるように遅れたメイケイエール(3番人気)。ところが、このメイケイエールがひとつのキーマンとなります。3コーナー手前辺りで外に出すと、カーッとなり抑えが利かなくなり、そのまま外をグングン前に進出。一気に先頭に立ちました。

半マイルが45秒2、前半1000mを56秒8。折り合いを欠いたメイケイエールにより驚きのハイペースで流れて行きます。

ソダシは好位3番手で抜群の手応え。直線入り口でメイケイエールがギブアップ状態。2番手のストゥーティの直後から迷うことなくソダシが一気に先頭に立ちかけます。追って来たのがソダシをマークしていたファインルージュ。そしてその外からアカイトリノムスメが接近。

先頭に躍り出たソダシに後続が接近して来ました。なかでも大外から強襲して来たサトノレイナスの伸び脚が目立ちます。その内にファインルージュとアカイトリノムスメ。あとの後続は離れます。

栄光のゴールを真っ先に切ったのが真っ白な馬体がひと際目立つソダシ。大外から迫った宿敵サトノレイナスがクビ差まで肉迫。

3着ファインルージュ、4着アカイトリノムスメ、5着アールドヴィーヴル。 電光掲示板には衝撃的な数字が点滅しています。レコード1分31秒1!2年前の

レコードで優勝したグランアレグリアが1分32秒4。まさに衝撃的な度肝を抜くレコード。あのどしゃぶりの大阪杯から1週間。よもやレコード決着になるような高速馬場になるとは頭の隅にも浮かびませんでした。

白毛馬として世界史上初となるクラシック制覇。そして118日ぶりの初の桜花賞制覇!歴史が塗り替えられた瞬間、まさに奇跡の白毛伝説が生まれた一瞬でもありました。