夏のハンデ戦は劇的な結末!衝撃の七夕賞!!

誰が結末を予測しうることが出来たでしょうか。夏のハンデ戦、福島伝統の「七夕賞」は11番人気のメドウラークが優勝。観客の度肝を抜きました。

七夕賞は良馬場に回復したと発表されましたが、前日までの雨は馬場コンディションを難しくしていました。

顔ぶれから主導権を取ったのが予測通りマイネルミラノ。強力な同型馬が不在と見ていたので、ゆったりとしたマイネルミラノの一人旅を予測していましたが、意識的にワンブレスアウェイ、バーディーイーグル、シルクドリーマーが先行策で前に出て来ます。 内を大きく開けて外目の馬場を1角に向かうマイネルミラノ。このままスンナリと主導権と思われましたが、小回りの福島、そして馬場コンディションを意識したのか、懸命に後続が追いかけてきます。仕方なくマイネルミラノもペースを上げます。

プラチナムバレット、マイネルフロスト、パワーポケットが中団。その真後ろに1番人気のサーブルオール。そこにはレイホーロマンス、キンショーユキヒメもいます。最後方がメドウラークとマイネルサージュ。

先頭のマイネルミラノが前半の5ハロン、1000mを58秒2と予想外のハイペースで、2番手以下を引き離した逃げ。結果的にこのペースが応えて、2番手グループあたりにいたバーディーイーグル、シルクドリーマーは4角でギブアップ。 4角をまわり先頭で逃げ込みを計るマイネルミラノ。さすがに外からワンブレスアウェイ、サーブルオールに並ばれたときには息が上がりました。

直線で先頭に立ったサーブルオールでしたが、ハイペースの早仕掛けに脚色が鈍り気味。そこへ外から後方にいたメドウラークとマイネルサージュが一緒に追い込んで来ました。そして内から最軽ハンデのパワーポケットが急追。

ラスト3ハロンが12秒6-12秒9-13秒1。典型的な道悪の決着。外から迫るマイネルサージュを振り切るようにメドウラークが待望の初重賞勝ち。4番人気マイネルサージュが2着で、内から追い上げたパワーポケット(12番人気)が3着。 サーブルオールは4着がやっと。2番人気レイホーロマンスが6着、3番人気のプラチナムバレットは4角で落馬。 七夕賞には珍しく先行した馬の中では、ワンブレスアウェイの5着が最上位。マイネルミラノは9着。バーディーイーグルとシルクドリーマーは離れた後方に敗れ去りました。

結果的に後々まったく参考にならない今年の七夕賞。勝ちタイムが平凡な2分0秒8、ラスト3ハロンが38秒6。不良馬場で行われた昨秋の天皇賞、菊花賞を彷彿させる低レベルの時計決着となりました。

道悪に近い馬場コンディションとハイペース。泥で真っ黒になって引き上げて来る騎手を見ながら、これで良馬場・・・不思議な感じがしました。

3連単が256万3330円也!馬連、馬単、3連複ともに万馬券。衝撃の結末に、さすがの私も度肝を抜かれた思いです。

作戦がズボシ!松山弘平騎手が小回りで見事な手腕!!

   福島夏の開幕週は3歳馬による「ラジオNIKKEI賞」。前身は残念ダービーとも言われて、ダービーで敗退した、あるいは参戦できなかったと言った3歳勢による「ラジオ関東賞」。

今年は東西から魅力的な3歳が集結。なかでも圧倒的な人気に支持されたのが2戦2勝のディープインパクト産駒の評判馬フィエールマン。恵まれた馬格で、先行、差しと臨機応変に対応。秋のGI戦線の目玉的存在になるかも知れない逸材。

福島開幕週で小回り芝1800m。明らかに先行馬に有利な舞台でした。ところが注目のフィエールマンはスタートで後手を踏み最後方。飛び出したのが戸崎騎手のキボウノダイチ。2番手にシセイヒテン。そして内々の3番手に松山騎手のメイショウテッコン。ただ、いくらか行きたがり引っ掛かる勢い。その外にロードライト。エイムアンドエンドも差なく続きます。3番人気のイェッツトが中団で、狙っていたキューグレーターも少し引っ掛かり気味。ようやく1番人気のフィエールマンが中団くらいの位置に押し上げて来ました。

先頭のキボウノダイチが4ハロン目から理想的な12秒台にペースを落とし、末脚を温存策です。そして内々の3番手にいたメイショウテッコンが、4コーナーで先行馬の外に出し2番手に浮上。ラスト2ハロンは11秒6-11秒6。

一方、フィエールマンは3コーナー過ぎに前がゴチャつき、4コーナーではなんと最後方まで位置取りを下げる形。そして外に膨らみ加減になりながら直線で前を追います。

直線ラスト200mで先頭に立ったメイショウテッコン。先頭に立つと少しジリっぽくなりながらラストスパート。

そして直線大外から猛然と伸びるフィエールマン。ケタ違いの脚色で先頭のメイショウテッコンにグングン迫ります。とはいえ脚色は飛び抜けていましたが、さすがに4コーナー最後方では半馬身差までがやっとの印象でした。

優勝したメイショウテッコンはケイティクレバーと同じ56kのトップハンデを背負っていましたが、福島の小回りを考えた最高のポジション。そしてスパートのタイミングもベスト。半馬身差の優勝は松山騎手に技量賞を差し上げたいくらいです。

おそらく将来性はフィエールマンがズバ抜けていると思います。4コーナーで最後方まで後退し、一番大外からラスト34秒4。それは神業に近い内容でした。まともなら突き抜けていた可能性があります。

3番人気のイェッツトは小回りの福島コースを気にしたのか、後方でまったく伸びきれませんでした。この辺りは若い3歳馬です。

楽しみにしていたキューグレーターも、忙しい福島は向かないのか、まわりに馬が来ると行きたがり引っ掛かり気味。最後の伸びを欠いてしまいました。

いずれにしても、小回りの芝1800m福島では、こういう風に乗れば勝つんだ、と言ったお手本のようなレース。

それゆえ、松山弘平騎手には大きな拍手を送りたいと思います。