fbpx

これがあの女傑を一蹴した新女傑!その強さは神がかり!!

  単勝1.3倍と圧倒的な人気に支持されたグランアレグリア。マイルの女王決定戦「ヴィクトリアマイル」。あの一世を風靡した女傑アーモンドアイが、昨年独走を演じた一戦。そのアーモンドアイを安田記念で影も踏まさなかったのがグランアレグリア。

  その新女傑グランアレグリアにとっては、どんな勝ち方をするのか、2着はなにか、ファンの衆目はそこに集まっていました。

    アーモンドアイに騎乗し、グランアレグリアの強さを肌で知る男、C・ルメール騎手。そのルメール騎手にとっては、グランアレグリアで「まず負けない!」と言う自信で溢れていました。

   

   

 

    内からクリスティが先頭に立つと、外にはスマイルカナが前に出るぞ、という構えで並びかけそうな勢い。その外には大外枠のレシステンシア(2番人気)。直後の内にイベリス。それに並ぶようにディアンドル。少し行きたがっています。

    そしてこれらを前に見てマジックキャッスルを内に、グランアレグリアは中団の外。その背後にデゼル。内にランプリングアレー。大きく出遅れた3番人気のテルツェットは後方に置かれました。前半の半マイルが46秒0。昨年と同じように緩みない流れで進んで行きます。

   

    そして直線に入ると、クリスティを先頭に、外からスマイルカナとレシステンシアが急接近。その背後にマジックキャッスルが虎視眈眈。

 

  ラスト400mでレシステンシアが先頭に躍り出ると、一番外からグランアレグリアのルメール騎手の手が動き出します。そして残り200m辺りでグランアレグリアがケタ違いの破壊力で一気に先頭に躍り出ました。あっさりと後続を置き去りにして、余裕綽々と後続に4馬身差。圧倒的な強さで相手を手玉に取る一人舞台。

    1分31秒0、ラスト3Fが32秒6。次元の違いをまざまざと見せつけるかのようなワンマンショーでした。

   

   

    ゴール前で横一線に並んだ2着争いは、内から2番手に浮上したマジックキャッスルを、ゴール寸前で外から鋭く伸びた10番人気ランプリングアレーが、内のマジックキャッスルを捉えてクビ差2着。

    先手が取れない厳しい展開ながら、ディアンドルがしぶとく食い下がって4着と好走。またインサイドから鋭く追い込んだシゲルピンクダイヤが5着。そしてレシステンシアは6着に後退。ダノンファンタジーとデゼルはそのあとでした。

      レースはラスト3Fが33秒4と超ハイレベルの争い。それにもかかわらず余裕綽々だったグランアレグリア。安田記念の連覇も視界に入って来ました。

  一方で、この日、9レースでJRA通算1400勝に到達したGI請負人、C・ルメール騎手。そのオーラと勢いは留まることを知りません。

   

それー!イケゾエ~!ハナ差2着の大熱演だったNHKマイルC!!

「よし!やったぞ!それソングライン!」ゴール前で抜け出したソングラインを見て、熱烈応援していた手前、そのまま押し切ったかのように見えました。ところが、外から強襲したシュネルマイスター。長い写真判定はシュネルマイスターの15番が点滅。「ハナ差」で10番ソングラインが無常にも無念の2着。

 

 

「NHKマイルC」。3歳マイル王決定戦!朝日杯FSでレコード勝ちしたグレナディアガーズが1番人気。ただ、左回りが3戦未勝利。私にはこの点がどうしても引っ掛かりました。逆に狙っていたソングラインは東京で圧倒的な強さ。中京でも横綱相撲。左回りは抜群のパフォーマンスを見せているのです。内心、負けない!と言う強い思いでソングラインを熱烈応援。

 

 

レースは逃げると思われた3番人気のバスラットレオンがスタートと同時にまさかの落馬。一番外から福永・ピクシーナイトが先頭に立ちかけます。川田・グレナディアガーズが好位の外のポジション。その真後ろに池添・ソングライン(7番人気)。少し離れたところにルメール騎手の2番人気のシュネルマイスター。

 

  前半の半マイルが45秒3、さすがにGIのマイル戦、ハイペースで展開します。そして4コーナーで先行馬を射程圏に入れたグレナディアガーズ。残り400mのハロン棒で馬場の中央から一気に先頭に躍り出ます。それを背後で見ていたソングライン。池添騎手の脳裏には、1番人気のグレナディアガーズを捉えれば勝機と考えていたはずです。

 

 

ラスト200m手前でグレナディアガーズの外に馬体を併せにかかります。そして容赦なく一気に先頭に躍り出たソングライン。勢いから後続馬を突き放し気味に迫って来たゴールを目指します。

 

ところが中団で末脚を温存し、人気馬の動きを見ていたルメール・シュネルマイスター。外からグングン迫って来ました。抜け出したソングラインが粘り込むか、外から強襲したシュネルマイスターか。私の目には内のソングラインが押し切ったようにも見えましたが、鋭く迫ったシュネルマイスターが馬体をピッタリと併せてゴールイン。非常にも写真判定は「ハナ差」でシュネルマイスターが優勝。

 

 

1分31秒6、レコードに0秒2差まで迫るハイレベルの決着でした。3着に粘ったグレナディアガーズ。この上位3頭はそれぞれがベストパフォーマンスを演じきったNHKマイルCでした。

 

 

「ハナ差か、ソングラインが1着なら3連単は3万2450円か・・」悔しいなあ~。ひとり呟く私がいました。