fbpx

さすが世代の大将!まるで子供扱いで3馬身差!!

   

単勝1.3倍、圧倒的な支持に推された3歳サリオス。皐月賞2着、そして日本ダービー2着。コントレイルと並ぶ世代の代表格サリオス。長距離を嫌って菊花賞と異なる路線をチョイス。加えて「毎日王冠」は、やや手薄な古馬陣とあってか、圧倒的な支持を受けました。

スタートで大きく遅れたサトノインプレッサ(2番人気)。飛び出したトーラスジェミニ。2番手のコントラチェックとの差を広げて行きます。また、3番手のダイワキャグニーも控えたためにポツンポツンと縦長になる展開。サリオスは前にダイワキャグニーを見る形。これをマークするサンレイポケットとサダルが追います。そこから離れてアイスストームとカデナ。後方にサトノインプレッサ。

  前半の5ハロンが58秒0(稍重)。比較的緩みのない流れです。直線中程でダイワキャグニーが先行する2頭に並びかけると、その外からサッとサリオスが接近。そこからポテンシャルの違いから一気に先頭。エンジンに点火するとあっという間に3馬身差。鞍上のルメール騎手も能力の違いを確信して、余裕綽々でゴール手前でガッツポーズ。

  激しい2着争いは2番手に上がったダイワキャグニーに、サンレイポケット、カデナ、ザダルがどっと肉迫してゴールイン。

 

2着ダイワキャグニーが踏ん張り2着。ハナ差まで肉迫したサンレイポケット。その後がカデナ。直線で後ろからカデナがサンレイポケットを捉えて2着争いと見たのですが、ゴール前でサンレイポケットに差し返されてしまいました。このあたりはコースの適応力だと思われます。

サトノインプレッサは10着と凡退。道悪でノメっているような走り。気性の問題もありそうです。

優勝したサリオスは皐月賞2着。ダービー2着から天皇賞を目指すものと考えられましたが、女傑アーモンドアイ(同じルメール騎手騎乗、同じ馬主)の対決を避けたか、マイルCSに向かうようです。

驚愕!あの絶望的位置から飛んできた!!

 

それは衝撃! でした。まさかまさか致命的な位置にから、もの凄い末脚で一気に畳みかけるようにゴボウ抜き。そして余裕を残して2馬身差のワンサイド勝ち。

あるファンは「普通車がランボルギニーと直線勝負したようなもの」と表現。それは見ていた者に強烈なインパクトを与えました。

  秋のGIシリーズ第1弾の「スプリンターズS」。春のGI「高松宮記念」を 押し切ったモズスーパーフレア(2番人気)が春秋連覇となるのか、注目されましたが、それ以上に衆目を集めたのがグランアレグリア(1番人気)。安田記念であの女王アーモンドアイを2馬身半ちぎり捨てた大物。春の高松宮記念は不利もあり、出遅れながらゴール前強襲してハナ差2着。

この2頭の対決の様相でしたが、天性のスタートを見せるモズスーパーフレアが一息だった為に、外からラブカンプーとビアンフェに先を越されます。一方、グランアレグリアもスタートで完全に遅れ、最後方グループ。

内枠から酒井騎手がしごいて先頭を奪うモズスーパーフレア。外からビアンフェが並ぶように主導権争い。絶対譲るもんか、の気合が聞えて来るくらいモズスーパーフレアが、ようやく先頭に立ったもののもう3コーナーの手前。

前半の3ハロンが32秒8。昨年とまったく同じペースで流れます。ただし今年は時計を要する馬場コンディション。

前に飛ばす2頭を見る形がラブカンプーで、ダノンスマッシュ(3番人気)とライトオンキューが背後。その直後にミスターメロディ。外にはダイアトニック(5番人気)もいます。レッドアンシェルもその直後で展開。

離れた最後方には2頭がいます。仕掛けながら後方を進むグランアレグリアとアウィルアウェイ。

4コーナーで逃げるモズスーパーフレアを内から3番手に進出したミスターメロディが射程圏。その手応えは十分。ダノンスマッシュもラストスパート態勢。

一方、グランアレグリアはまだ最後方から2番手。そこからまた離れてアウィルアウェイ。

ラスト200m。懸命に頑張るモズスーパーフレア。外から馬体を併せて来たミスターメロディ。その外には馬場中央をダノンスマッシュ。グランアレグリアはまだ後方の外。ゴール前100m。抜け出したミスターメロディ。外からダノンスマッシュ。そこには大外から猛然と追い込んで来たグランアレグリアが急接近。その勢いで一気にミスターメロディを外から捉えると、あっという間に先頭。あとは勢いに乗って突き放しにかかります。1馬身、2馬身と差を広げにかかると、余裕綽々にゴールのテープを切り圧倒!

  内で頑張るミスターメロディを外に出したダノンスマッシュが捉えて2着に浮上。ミスターメロディはそのまま粘るかにも見えましたが、なんとポツンと最後方にいたアウィルアウェイがゴール寸前で猛然と追い込んで3着に飛び込みました。

外のミスターメロディが4着。末脚を生かしたクリノガウディが5着。後方から末脚を伸ばしたレッドアンシェル(4番人気)が6着。逃げまくったモズスーパーフレアは10着に失速。ダイアトニックは13着。

  グランアレグリアの劇的な圧勝。1分8秒3は昨年の1分7秒1より1秒2も遅いタイムでしたが、これは時計を要した馬場コンディションが影響したものと思われます。

それにしても、絶望的な位置からラスト33秒6で圧倒したグランアレグリア。安田記念の独走といい大変な名馬にノシ上がりました。このあとマイルCSも制すると、コントレイルと共に今年の年度代表馬になる可能性があります。