調教分析好走・的中情報【2014/09/28】

9月 28th, 2014 | Posted by 競馬道OnLine in 調教分析好走・的中情報

ここでは、監修者の辻三蔵さんの調教分析予想好走・的中情報を毎週更新していきます。

9月28日・新潟4、5Rで調教分析◎馬が連続1着の快挙

2歳新馬 新潟・日曜4R 芝1200m

【結果】単勝7人気1着 単勝1,510円

初戦駆けする血統 ◎フジマサジャンボ 芝1200mで勝負

スウェプトオーヴァーボード産駒は今年の2歳新馬戦で4勝しているが、その内3勝を芝1200mで挙げている(9月20日現在)。芝1200m戦の調教パターンを分析した結果、調教コースに関係なく、1Fタイムを13秒5以内でまとめた場合、[3・1・0・3](勝率42.9%、複勝率57.1%)の好成績を収めている。スピードが勝った産駒が多いので調教で終いを伸ばす形が合っている。

スウェプトオーヴァーボード産駒の◎フジマサジャンボは今週の南馬場ウッドコースで半マイルから終い重点の調整。外目(7分目)を回って4F51秒9の好時計をマーク。ラスト1Fを13秒5(馬なり)でまとめたように、好走調教パターンに当てはまった。鞍上の江田照騎手も3週連続、追い切りに騎乗しており、好感触を掴んでいる。  

半姉のサンマディソンが新馬戦(ダ1300m)で2着している初戦駆けする血統。得意の芝1200m戦で激走する。

(競馬道OnLineプレミアム予想:原稿より)

2歳新馬 新潟・日曜5R 芝1800m

【結果】単勝2人気1着 単勝380円

外回りコースは合う ◎ルージュバック 初戦から期待

大竹厩舎の「新馬戦」必勝トレーニングは調教コース:美南W、脚色:馬なり、1Fタイム:13秒3以内。前記3点が揃った場合のレース成績は13年以降、3戦3勝(9月21日現在)。芝1400~1600mの新馬戦を勝ったショウナンワダチ(現オープン)、ルミニズム、リターンラルクが該当する。

芝デビューの新馬は3F目から上がり重点の調整で瞬発力を鍛えている。大竹調教師曰く「直前追い切りで馬なりで動けるのは仕上がりが進んでいる証拠」とのこと。

◎ルージュバックは南馬場ウッドコースで最終追い切りを行った。先行した自厩舎の3頭併せを最内から一気に抜き去った。手綱を抑えたままラスト1F12秒8(4F53秒5)をマーク。調教に乗った松浦調教助手も「手応えは十分にありましたし、終いの反応は抜群に良かったですね。芝向きの切れ味があるので直線の長い外回りコースは合うと思います」と好感触を掴んでいる。
マンハッタンカフェ産駒は今年の2歳新馬戦では最多の8勝。全8勝(勝率25.8%)を芝で挙げており、充実ぶりが目を惹く。勝負駆けの一戦だ。

(競馬道OnLineプレミアム予想:原稿より)

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Both comments and pings are currently closed.