[速報]調教分析好走・的中情報【2014/11/15】

11月 15th, 2014 | Posted by 競馬道OnLine in 調教分析好走・的中情報

監修者の辻三蔵さんの調教分析予想好走・的中情報土曜速報を紹介します。

武蔵野Sで◎2着!△◎☆で3連複32,590円!

武蔵野S(G3) 東京・土曜11R ダ1600m

【結果】単勝1人気2着・△◎☆で3連複32,590円!

必勝調教パターン ◎エアハリファ

三浦皇成騎手はレース騎乗馬の直前追い切りに乗った場合、22勝(勝率16%)を挙げている(14年1月5日~11月9日現在)。全勝利数(63勝)の3分の1を占めており、騎乗馬の状態を完璧に把握する感度の良さを示している。
重賞出走馬の調教騎乗成績は[1・4・1・8](複勝率43%)と勝率が低いのは4番人気以下の騎乗馬(14分の13)が大半を占めているからだ。複勝回収率296%が示す通り、人気薄の馬を馬券圏内に導き、3番人気のローブティサージュ(キーンランドC)では確実に勝利を収めている。
三浦騎手は12日(水)、アロマティコ(エリザベス女王杯)、エアハリファ(武蔵野S)の追い切りに騎乗するために栗東に出張。
◎エアハリファは1回目のハロー掛け直後の8時22分に坂路に登場。ラスト2F目に最速ラップの11秒9を刻むと、スピードを持続した状態で最後の1Fを12秒4でまとめた。調教駆けしない馬が三浦騎手の手腕に因り、自己ベストに迫る4F52秒8を記録した。
調教パターンを調教コース:栗東坂、4Fタイム:54秒6以内、1Fタイム:12秒8以内、コース条件:ダ1600m以内に設定した場合、3戦3勝(勝率100%、単勝回収率377%)と完璧な成績を収めている。ダ1400~1600mのオープン特別を3勝している「必勝調教パターン」に当てはまった。
前走のアハルテケS(東京ダ1600m)で破ったベストウォーリアはプロキオンS、南部杯を連勝した実力馬。「オープン大将」の肩書きはもういらない。調教名人の三浦騎手が悲願の重賞初制覇に導く。

自信度 A

◎(1)エアハリファ
○(2)カチューシャ
▲(5)キョウワダッフィー
☆(3)グレープブランデー
△(4)レッドアルヴィス
△(10)ゴールスキー
△(11)ワイドバッハ

馬連
1⇒2・5・3・4・10・11
3連複
軸1頭流し
軸1 相手2・5・3・4・10・11
(計15点)
3連単
軸1頭マルチ
軸1 相手2・5・3・4・10
(計60点)

競馬道OnLineプレミアム予想:原稿より)

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Both comments and pings are currently closed.