◎仲冬S4人気1着!辻三蔵さんの調教分析が的中!

12月 21st, 2014 | Posted by 競馬道OnLine in 調教分析好走・的中情報

監修者の辻三蔵さんの調教分析予想好走・的中情報日曜速報を紹介します。

仲冬S◎4人気1着を的中!

仲冬S 中山・日曜10R ダ1200m

【結果】単勝4人気1着・単勝540円・◎○馬連1,540円

鋭く伸びた調教 ◎ゴーイングパワー 理想の外枠をゲット

 テイエムオペラオーでおなじみの岩元市三調教師は今年で67歳になるが、「乗り役」としてはバリバリの現役。騎手時代にJRA578勝、調教師ではJRA457勝を挙げている名伯楽。同級生の顔ぶれは調教師なら小島太、和田正道、尾形充弘、競馬評論家は井崎脩五郎、柏木集保、清水成駿氏と競馬界の重鎮がズラリ。にも関わらず、「生涯一騎手」として精力的に調教に騎乗している。
 ◎ゴーイングパワーは7走前の1000万戦(2着)から岩元調教師自ら追い切りに騎乗。イレ込みがキツく、気難しい面があるが、岩元調教師が巧みに操り、成績は急上昇。岩元調教師の調教騎乗成績は[0・2・1・3](連対率33%、複勝率50%)。1000万を突破し、1600万で好走するまでに成長した。
 今週のCWコースでも岩元調教師自ら手綱を取り、大外を回ってラスト1F12秒4(6F83秒9)と鋭い伸びを見せた。前回の競馬ブックの調教欄では「ハミ受けひと息」の短評だったが、今回は「気合乗り上々」と好転している。
 揉まれ弱い面があるので外枠が理想。ダートで好走したときは5枠以降(1・3・1・4、複勝率56%)に集中している。2歳時には兵庫ジュニアグランプリ(Jpn2)を圧勝している重賞ウイナー。岩元調教師の闘魂注入により、復活の勝利を挙げる。

◎(12)ゴーイングパワー
○(15)マキャヴィティ
▲(1)タマブラックホール
☆(4)ラピダメンテ
△(9)フルヒロボーイ
△(5)クロタカ
△(6)サウスビクトル

馬連
12⇒15・1・4・9・5・6

3連複
軸1頭流し
軸12 相手15・1・4・9・5・6
(計15点)

3連単
軸1頭マルチ
軸12 相手15・1・4・9・5
(計60点)

競馬道OnLineプレミアム予想:原稿より)

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Both comments and pings are currently closed.