クリール&グランド辻三蔵さん◎東西重賞で激走!

1月 25th, 2015 | Posted by 競馬道OnLine in 調教分析好走・的中情報

これは凄い!東西重賞で辻三蔵さん◎が激走!調教分析予想好走・的中情報日曜速報を紹介します。

AJCC◎クリールカイザーが◎4人気1着と快走!
◎△▲3連単169,220円的中!

アメリカJCC(G2) 中山・日曜11R 芝2200m

【結果】4人気1着・◎△△3連単169,220円

調教抜群 ◎クリールカイザー ベストの舞台で結果を出す

 08年以降、アメリカJCCの調教コース別成績を調べると、関東馬は昨年の優勝馬ヴェルデグリーンが採用した「美南W」調教が最適。アメリカJCCが行われる中山芝2200mはスタート地点が直線の坂下にあり、ゴールまでに2度の坂越えが必要となる。南馬場ウッドコースには直線に高低差1mの坂があるのでスタンド前の入場口から入り、ウッドコースを1周半回ることで2度の坂越えを調教で実践できる。
  調教パターンを調教コース:美南W、5F67秒6以内、4F52秒3以内、1F13秒3以内、コース取り:7分以内に設定した場合、[1・2・1・4](複勝率50%、複勝回収率104%)の好成績を収めている。中山芝2200mは外回りコースを使うため、向正面から3コーナーにかけて緩やかな下り坂になるので加速がつきやすく、スピードの持続力が要求される。調教でも5F目から14秒台の速いラップを刻み、加速を促した状態でラスト1Fを13秒前半でまとめることが重要だ。
  ◎クリールカイザーは上記の「好走調教パターン」をクリア。今週の南馬場ウッドコースでは4F目を13秒2のハイラップで入り、内目を突いて一気に加速。軽快なフットワークでラスト1Fを13秒3でまとめた(全体時計:5F66秒2③馬なり)。4F50秒1は自己ベストを更新する好タイム。昨年のオールカマー(3着)、アルゼンチン共和国杯(2着)の直前追い切りでも4F50秒台を出したが、脚色を「馬なり」で締め括ったのは優秀だ。
  2度の坂越えは昨年のアルゼンチン共和国杯(2着)、ステイヤーズS(3着)で克服しており、中山芝2200mは昨春の湾岸S(1600万下)を快勝したベストの舞台。持ち前の先行力を生かせば、ゴールドシップの追撃を振り切る可能性はある。
  鞍上には昨年のアメリカJCCを制した田辺騎手を配した。相沢厩舎は昨年の優勝馬ヴェルデグリーンに続く、連覇をこの馬で狙う。

◎(12)クリールカイザー
○(8)ゴールドシップ
▲(17)ショウナンラグーン
☆(1)ダークシャドウ
△(14)ミトラ
△(9)エアソミュール
△(3)マイネルディーン

馬連
12⇒8・17・1・14・9・3

3連複
軸1頭流し 
軸12 相手8・17・1・14・9・3
(計15点)

3連単
軸1頭マルチ
軸12 相手8・17・1・14・9
(計60点)

競馬道OnLineプレミアム予想:原稿より)

東海Sグランドシチーが◎9人気2着と快走!
△◎△3連単50,080円的中!

東海S(G2) 中京・日曜11R ダ1800m

【結果】9人気2着・△◎△3連単50,080円

衰えはない ◎グランドシチー 56キロなら好勝負

 今年で8歳になる◎グランドシチーは老いてますます盛ん。中間の調整では津村騎手を背に2週連続、意欲的な調教をこなした。今週の南馬場ウッドコースでは外目を回ってビッシリ追い、ラスト1F13秒4を計測した(全体時計:4F53秒3⑤一杯)。
  調教パターンを調教コース:美南W、調教の脚いろ:一杯、調教騎乗騎手:津村明秀、4F53秒3以内、1F13秒5以内、コース取り:5~9分目に設定した場合、2戦2勝。13年3月のマーチS(GⅢ)1着、12年12月のフェアウェルS(オープン)1着が該当しており、冬場で馬体が絞れない時期には打ってつけのハードトレーニングだ。
  最近は58キロの極量がキツく、良績は56キロに集中。昨年の東海Sで2着したときも56キロだった。内枠では行き脚がつかないので、外枠(8枠13番)を引いたのも好材料。昨年の東海S(2着)が6枠12番なら、13年にマーチSを勝ったときも8枠15番。エンジンのかかりが遅いので外枠を利用してスムーズに加速できる形が理想だ。歴戦の古豪が底力を発揮する。

◎(13)グランドシチー
○(8)ナムラビクター
▲(10)ランウェイワルツ
☆(5)ニホンピロアワーズ
△(6)コパノリッキー
△(4)インカンテーション
△(1)マイネルクロップ

買い目

馬連
13⇒8・10・5・6・4・1

3連複
軸1頭流し 
軸13 相手8・10・5・6・4・1
(計15点)

3連単
軸1頭マルチ
軸13 相手8・10・5・6・4
(計60点)

競馬道OnLineプレミアム予想:原稿より)

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Both comments and pings are currently closed.