fbpx

最高年長者のレコードを更新!55歳の熟練した技!!

55歳を迎えたその人は、目を細めながら苦笑していました。柴田善臣騎手。もう大ベテランの55歳。7月30日生まれ。

  その柴田善臣騎手が8月8日、3歳馬による重賞「レパードS」で、1番人気に推されたメイショウムラクモに騎乗。外枠から積極的に前に出て好ポジションをキープ。

そして3コーナーで果敢に逃げるレプンカムイの直後に進出。いつでも抜け出せる態勢で、4コーナーではレプンカムイの外に馬体を並べます。

そして、ピッタリと馬体を併せたままラスト200mで先頭に立つと、左の手綱を巧みに操り、勢いのまま余裕で後続に3馬身差のワンサイド勝ち。現下の3歳勢ではスケールの違いを見せつけました。

2着争いは中団待機から3コーナーで3、4番手に進出したスウィープザボードが、ゴール寸前で逃げ粘るレプンカムイ(3着)を、僅かに捉えて2着に上がりました。

2番人気のルコルセールは、スタートでモタついたことが致命的。最後方のまま見せ場らしい見せ場もなし。残念なシンガリ負けとなりました。

一方で、3番人気のオセアダイナスティは、メイショウムラクモの直後で仕掛けどころを川田騎手が探っていましたが、緩みない流れに伸びを欠いて6着に後退。

1分51秒3の勝ちタイムは、ほぼ例年通りでしたが、ラスト3Fの37秒3は上々の時計です。

勝利者インタビューで、柴田騎手は「1コーナーでペースダウンすると、掛かってしまうし、4コーナーではステッキを落としちゃうし、あまりかっこのいい勝ち方ではなかったけど、馬は凄く良く走ってくれました」。

 55歳で重賞勝ちは最高年長者のレコード。これまでの岡部幸雄騎手の記録を更新したのです。

「記録を更新出来たことは嬉しいのですが、若い人に達者な人がいるから、また抜かれますよ。」と、苦笑しながら目を細めていました。

柴田善臣騎手は昨年の愛知杯以来の重賞勝利。これまで重賞は96勝。大台の100勝まであと4勝。まだまだその奮闘ぶりが期待されます。  

憎らしいくらいの巧みさで重賞請負人ルメールが来た!!

  このC・ルメール騎手と言う男は、憎いくらいに達者なジョッキーだなあ~と思います。今年はオリンピックの関係で、札幌から函館で行われることになった「クイーンS」。彼は7戦5勝のディープインパクト産駒テルツェット(3番人気)に騎乗。

この日、1番人気に推されたのが、この春のビクトリアマイルで3着し、昨秋の秋華賞で2着だった戸崎・マジックキャッスル。手堅さではここ右翼の2番人気、川田・ドナアトラエンテに期待が集まりました。

  ところが、スタート前になって空模様が一転、もくもくと暗雲。と、同時に凄い豪雨が襲来。スタンド前を叩きつける雨音。それで見通しが悪くなります。それでも定刻通りにスタートが切られました。

真っ先にロザノワールが飛び出し先頭。これを2番手で追いかける形となったドナアトラエンテ。そこへ外からシャムロックヒルが並んで来ます。それをマークするように内からフェアリーポルカ。その外側にマジックキャッスル。意識的に前に出て来たシゲルピンクダイヤが外から並んで来ます。

中団にはサトノセシルがいて、最後方に出遅れたクラヴァシュドール。同じ位置にはテルツェットが待機策。

先頭から後方まで、ほとんど一塊。前半の5ハロンが59秒9。数字的には遅いペースですが、強い雨が降る中で泥が飛ぶ馬場。緩みないペースと見ています。

4コーナーでは逃げるロザノワール、これに並びかけようとするフェアリーポルカ。その間から中団にいたイカットが接近。外にはドナアトラエンテ。直後にマジックキャッスル。外からテルツェット、一番外からサトノセシルが接近。

直線でフェアリーポルカの内側を狙ったイカットが挟まれる形で急ブレーキ。先頭にフェアリーポルカが先頭に立ちかけたのを見て外からマジックキャッスルが渾身の末脚でグングン肉迫。直後の内から出遅れたクラヴァシュドール、外からテルツェットとサトノセシルが並んで追い込んで来ました。

  ゴール前は抜け出したマジックキャッスルを外から猛然と、それは計ったかのようにテルツェットがクビ差し切り勝ち。一番外から迫ったサトノセシルがクビ差3着。同じくクビ差でフェアリーポルカ。クラヴァシュドールは5着となりました。   そして2番人気のドナアトラエンテはブービーの11着に失速。同様に好位で展開したシゲルピンクダイヤ(4番人気)も10着に敗退となりました。

8戦6勝となった4歳のテルツェット。名手ルメール騎手を背に、この秋の重賞戦線が楽しみになりました。