fbpx

天下分け目のハナ差!ダービーは運の強い馬が勝つ!!

  それはまさに天下分け目の「ハナ差」と、なりました。同期7393頭の頂点に立つのはどの馬か。88回目を迎えた東京優駿「日本ダービー」

  1.7倍と圧倒的な人気に推された皐月賞馬エフフォーリア。昨年の3冠馬コントレイルに続く無敗のダービー馬が誕生か。絶好の1番枠を引いて2冠を手繰り寄せたと、多くのファンは見ていたようです。加えて、若干22歳で経験の浅い横山武騎手。マークされる立場、内枠で包まれる不安が私には過りました。

  私は皐月賞VS毎日杯組と言う見方をしていました。結論は毎日杯2着の◎グレートマジシャン。毎日杯優勝〇シャフリヤール。そして▲エフフォーリア。この3頭の争いが濃厚だ!大本線の3連複はこの3頭の1点でいいだろう。スタート前から私自身、ワクワクしていました。

ゲートが開くと同時に、何が何でも逃げると公言していたバスラットレオンが、外枠から一気に先頭に立ちます。そして2番手以下を引き離し気味に主導権。離れた2番手をタイトルホルダー。そして直後を内からエフフォーリア、ヴィクティファルス、バジオウ、グラティアスが一団で追走。

好スタートを決めた2番人気のルメール騎手が騎乗するサトノレイナスが、スローと判断して2コーナーをまわった辺りで、当面の相手となるエフフォーリアの外にポジションを上げて来ました。そのエフフォーリアの直後には福永騎手のシャフリヤール。私の◎グレートマジシャンは、少し掛り気味に外目の中団の後ろ。後方を見ると抜群の手応えでステラヴェローチェ。いつものように後方で末脚温存策です。

前半の1000m通過が60秒3、高速馬場の東京では平均と言うより遅いくらいのペースです。それゆえ先頭から後方まで一団の展開。

3コーナーをまわると外から後続が急接近。その中のサトノレイナスが早くも2番手を窺う勢いで浮上。そのとき前が詰まる形でエフフォーリアが6番手に下がります。それをマークしていたシャフリヤールも、まわりからワッと来られて位置を下げる不利。その外からグレートマジシャンが浮上。

直線でバスラットレオンを捉えたグラティアスが先頭。それに続くタイトルホルダーの外から必死に追うエフフォーリア。その外にはサトノレイナス。一番外をまわるグレートマジシャン。そのグレートマジシャンの内にいたシャフリヤールが、開いた馬込みの中から伸びて来ます。そしてエフフォーリアの内側を狙います。

エフフォーリアに並びかけるシャフリヤール。その外にはグレートマジシャン、一番外のサトノレイナス。

ゴール前はエフフォーリアかシャフリヤールか。激しい2頭の叩き合い。外からグレートマジシャンが3番手に浮上。そこへ後方にいた満を持したステラヴェローチェが強襲。

激しいデッドヒートはシャフリヤールに軍配。ハナ差でした。3着争いもグレートマジシャンにステラヴェローチェが詰め寄りハナ差3着。惜しくもグレートマジシャンが4着。サトノレイナスもハナ差で5着となりました。

勝ち時計が2分22秒5。ラスト33秒9。なんとダービー・レコードの決着となりました。上位3頭は33秒4の強烈なパンチ力。凄いレベルの日本ダービーでした。

「ハナ差」は実力か、それとも運か。それにしても私にとっては惜しい「ハナ差」でした。

「ダービーは運の強い馬が勝つ!」なるほど格言は今年も生きていました。        

無敵の1番人気が撃沈!1勝馬が29年ぶりの快挙!!

  遂に1勝馬がクラシックを制しました。牝馬2冠目の「オークス」で、3番人気に推されたユーバーレーベンが快勝。5戦無敗の1番人気ソダシはゴール前で撃沈。無念の8着に敗れ去りました。

  今年のオークスは、強力な逃げ馬が見あたらず、展開が読み辛い中で、武豊騎手に乗り替わったクールキャット(6番人気)が、内からスルスルと先頭に立ちます。外から川田騎手のステラリア(5番人気)が2番手。その内にはソダシもポジション取りに出ます。

  1番枠を引いた追い込みのククナが果敢に4番手の積極策。その直後にルメール騎手のアカイトリノムスメ(2番人気)がいます

  私が注目したスルーセブンシーズは中団より後ろのイン。その外に福永騎手のファインルージュ(4番人気)。それらの後ろは末脚温存のアールドヴィーヴル、背後にタガノパッション。ハギノピリナも並んでいます。前半の5ハロンが59秒9。先頭から後方まで一塊の展開。

  4コーナーをまわりクールキャットを先頭にして、後続は外にわっと広がります。内からククナが2番手争いに加わって来ました。その外にはソダシが浮上して来ます。それをマークしていたアカイトリノムスメが、インの苦しい位置から肉迫。

  内のククナ、その外のソダシが先頭に立ちかけるところに、ソダシの後方で機を窺っていたユーバーレーベンが外から一気に並んできました。そして、ここが勝負どころとばかりに一気に先頭に躍り出ます。

  内からククナ、外のソダシの間からアカイトリノムスメが割って出て来ました。一方、大外から猛然と追い込んで来たのがハギノピリナ。

  優勝は早めに先頭に立ったユーバーレーベン。内のアカイトリノムスメが大外から強襲したハギノピリナをハナ差退けて2着を確保。

  1勝馬のオークス制覇は29年ぶり。ダンスパートナー以来、史上3頭目の偉業となりました。

  歓喜の雄叫びを上げるM・デムーロ騎手。昨年のNHKマイルC以来、実に1年ぶりのGI制覇。レース後のインタビューで「感動しました。とても嬉しいです。いやぁ、人生はいろんなことがあります。息子が生まれて喜んでいたら、親しい友人が突然亡くなりました。ファンの方の応援がとても嬉しかったです」とコメント。   桜花賞で1分31秒1という凄いレコードで激戦を制したソダシ。2年前の桜花賞をレコードで圧勝した女傑グランアレグリア。そのグランアレグリアは続くNHKマイルCで4着から5着に降着。反動は確実に出ると見ていた私。従って、オークスの勝ち馬は桜花賞組以外から出るだろうと推理。それでスルーセブンシーズ(9番人気)に期待しましたが、内の悪いところを走らされて、キャリアの浅い小柄な馬には大きな負担となりました。とは言え勝ち馬と0秒7差。悪くない内容です。夏の成長が待たれます。