ラスト37秒6!バタバタだった札幌記念の評価度!!

夏の札幌競馬最大の呼び物伝統の「札幌記念」。凱歌をあげたのが2番人気のサングレーザー。初めて2000mで優勝。1400、1600mを中心に走って来たサングレーザーにとっては、これから秋の中距離戦線に向かって、大いに収穫ある一戦となりました。

ところが、勝ちタイムが2分1秒1。稍重馬場の影響が大だと思われますが、レースのラスト3ハロンが37秒6。これがあまりにも平凡。

この日、マルターズアポジーにアイトーン、マイスタイル。それにスティッフェリオとクロコスミアと、主導権を取りたい馬がズラリと揃って、激しい流れが予測されました。

実際、スタートでマイスタイルが先頭に立ったのですが、そんなことは許さない、とばかりに内ラチ沿いから強引にマルターズアポジーが主導権。そして一番外からアイトーン。ネオリアリズムとマイスタイルが並んで追いかけます。クロコスミアとスティッフェリオが好位を並んで追走。 前半の半マイルが46秒5、半分の1000mで59秒1。馬場状況を考えると緩みないペースです。そこへ3、4番手にいたマイスタイルがマルターズアポジーに並びかけて先頭。なんと3コーナー手前でのことです。巻き返そうと懸命にしごくマルターズアポジー。一昨年の優勝馬ネオリアリズムのモレイラ騎手もスパート。

中団のインに構えたサングレーザー。1番人気のマカヒキは後ろから2頭目。最後方がモズカッチャン。中団の後ろにいたのがミッキースワロー。その後ろがサウンズオブアース。

昨年の優勝馬サクラアンプルールは中団追走から4角でスルスルとスパート。そして直線でスティッフェリオ、クロコスミアの背後から先頭に立ちかけたサクラアンプルール。ラスト100mで先頭に立ったサクラアンプルール。その外からサウンズオブアースと一番外にマカヒキ。そんな中で内をこじ開けるように末脚を温存したサングレーザーがグイと割って出て来ました。

外からマカヒキ、内からサングレーザー。そして一番外に出し、強襲して来たのが3歳のモズカッチャン。激しい叩き合いは内のサングレーザーの末脚が勝り待望の2000mで優勝。着差がハナ差。そしてアタマ差。大激戦でした。

マカヒキが2着で、大外から強襲した4番人気モズカッチャンが3着。先行した馬たちは、マルターズアポジーを筆頭にアイトーン。一昨年の優勝馬ネオリアリズム、マイスタイルなど総崩れの大敗。駆け引きの難しさを露呈した印象です。

ほとんど(10頭)が休養明け。秋に向けての仕上げのステップ段階という見方もありますが、それにしても時計があまりにも平凡。良馬場であれば2分台で決着した印象ですが、それにしてもラスト12秒6-12秒5-12秒5。37秒6の決着に少しがっかりしました。

ガッカリしたと言えば、◎で推したミッキースワローは13着。あまりにもひどすぎました。もっとも、4コーナーで中団から横山典騎手が手綱を持ったままで浮上。ところが、外のスズカデヴィアスがミッキースワローの内側寄れて、背後から割って入って来たモズカッチャンが、前に出ようとしたときに、ミッキースワローがそのアオリを受ける形。ここでミッキースワローにとっては撃沈。ほとんど追うところがなく入線。まったく不完全燃焼の一戦でした。馬体重の482kは昨秋のセントライト記念を制したときと同じ馬体重。次走は中山のオールカマーでしょうか。改めて追いかけます。  

3歳牝馬とはいえ51kじゃ裸同然!古馬重賞初制覇!!

2走前の桜花賞が10着、続く前走のNHKマイルCが5着。3歳牝馬プリモシーンにとっては今回の「関屋記念」が古馬重賞初挑戦。

まさか1番人気に推されようとは、過去10年を振り返っても3歳馬が関屋記念で未勝利と言うこともあって、正直驚きました。

昨年2着の夏馬ウインガニオン、目下2連勝中のエイシンティンクル、同じく準オープン、OPのパラダイスSと連勝中のショウナンアンセム。中京記念3着のリライアブルエース。これらを抑えて単勝4.1倍の1番人気。

単勝オッズが小数点の馬が6頭。人気が分散していましたが、よほど高額な買いが入った可能性があります。

そんな中で、内から抜群のダッシュ力を見せたエイシンティンクルが、まず飛び出して逃げを主張。これにスタートが今一つだったウインガニオンが仕掛けて、ようやく2番手に進出。内スターオブペルシャに並びかけます。内にはショウナンアンセム。これの外に並ぶヤングマンパワー。フロンティアと続きました。

そして中団の外に、高速馬場を意識してかプリモシーンが存在感をアピール。同じような位置にロードクエスト。そして後方にリライアブルエースとチェッキーノ、ベルキャニオン。そして後方にはポツンとワンツーワン。

前半の3ハロンが34秒2、半マイルが45秒7。高速馬場の新潟。ベラボーに速いラップではありませんが、緩みないない流れで進んで行きます。

 4コーナーでも快調な逃げ脚を見せるエイシンティンクル。内にスターオブペルシャ。外に並ぶウインガニオン。ショウナンアンセムも直後です。こうなると、58kのウインガニオンには厳しい形。ラスト200m。ここでも先頭で頑張るエイシンティンクル。これを追いかけた先行馬はギブアップ状態。5番手にいたヤングマンパワーが2番手に上がってきました。とはいえ、4ヶ月ぶりの実戦で切れる脚を欠く同馬には、ここでしぶとく頑張るしかありません。

そんな中から中団で我慢していたプリモシーンが一気に伸びて来ました。そしてラスト100mで内のエイシンティンクルに並びかけ、あっという間に先頭に立ったプリモシーン。ところが、最後方で展開していたMデムーロ騎手のワントゥワンが、直線大外から強烈な伸び脚でプリモシーンに迫ります。1馬身、半馬身、クビ差まで肉迫したところがゴールでした。

優勝は3歳牝馬プリモシーン。6年前のドナウブルー以来の1番人気の優勝。そして牝馬による関屋記念制覇でした。また、1分31秒6はレコード勝ちしたドナウブルーに僅か0秒1差。立派です。

関屋男、北村宏騎手は8年前のレッツゴーキリシマ、5年前のレッドスパーダに続く勝利。3着までの馬券の対象は、ここ10年で今年を含めて6回。さすが関屋男です。

馬体も10k増えた488k。大人になったプリモシーン。秋は秋華賞でしょうか?目を離せません。

ラスト32秒台の切れ味を見せつけたワントゥワン。元々33秒台の切れ味は一級品。良血馬5歳の夏に本格化でしょうか。楽しみです。

3着のエイシンティンクルは良く走りました。1400m通過が1分19秒4。凄いタイムです。このあとは無理をせずに秋に備えて欲しい1頭です。